初心者向けFX講座@為替相場はなぜ動く?

FXをやっている人は何を見て取引をしているのか?
その答えが「為替相場」です。

為替相場とは異なる2つの通過の交換比率のことを意味します。例えば1ドル=100円だったり、1ドル=150円だったり。
早い話が1ドル=100円の時に1000円払って10ドル買って、1ドル=150円の時に10ドル売れば1500円で売る。このことで500円ほど得をすることが出来る。これがFXですね。

では、なぜ1ドル=100円の時があったり1ドル=150円の時があったりするのでしょうか?つまり、何故「為替相場」は変動するのでしょうか?

その答えは、その通貨の人気度にあります。

人気のある通貨はたくさんの人が欲しがりますよね?
するとその通貨の値段は上がります。
(自分は商売をしていると考えてみてください。100円でものすごく売れる商品があった場合、120円でも売れるような気がしません?この通貨の場合も同じ訳です)

そして人気のない通貨はあまり欲しがる人がいない。
だから逆に、その通貨の値段は下がります。


ではその通貨の価値は何によって決まるのでしょうか?

それはその通貨を用いている国の実力、価値と言うことが出来ます。

例えばその国の経済状態。経済状態が良好な、いわゆる景気の良い国の通貨は人気があります。
例を挙げるならばその国のとあるメーカーの商品の売れ行きが世界的に良いだとか、その国の特産物が世界的に売れている、となるとその国の通貨の人気もあがります。

そのほかにも災害の有無や、政府の市場介入などによっても為替相場は変動します。もちろん、それだけではありませんよ。

だからこそFXを始める方、FXで一儲けしようと考えている方々は、「物事を知っておく」必要があります。
テレビのニュースなどはもちろん、インターネットでも様々な情報を集める必要がありますし、そしてその国の通貨価値がどう動くかを予想する必要もあります。

FXというと何故か楽に稼げるイメージがあるのですが、実際にはそんなことはないんですよ?

シャンプー 送料無料

吉祥寺で矯正口コミを簡単検索

帆布バッグ メンズ

八王子 賃貸 マンション

糖尿病を改善するために